<< 生意気子グマちゃん 縫い代は多くても、少なくてもい... >>

アーニャの仕上げ&上手く返すには

今年最後のお教室となりました。
大晦日前日のお忙しい時にお集まりいただきまして、ありがとうございました。
前回に引き続き「アーニャ」の仕上げです。

今回も上手く「足が表に返せない」とのお問い合わせがありました。
今回は、縫い代の始末もされていましたが
返し方に問題があったようです。画像が無く文章だけでは説明しずらいのですが・・・。

足は開き口からの距離もあり、形も曲がっているので一番表に返しにくいパーツになります。
開き口から一番遠い所、つまり”つま先”の先を内側に押し込み窪みを作ります。
窪みの縫い代をカンシで挿み(カンシが無ければコッターキーや菜箸をあてる)押し込みます。
そのまま開き口まで押し込み表に返す。
カンシは無理に押し込まず、開き口から先端を挿み直し引っぱり出すこともできます。

ポイントは、中でFURがぐじゃぐじゃに固まらないようにすることですね。
今回は半日で終わり。
これから皆さん、大掃除やらおせち作りやらお忙しいですね。
来年もよろしくお願いいたします。

e0267512_17433265.jpg

ファー:前もって参加者にご希望を伺いました。
ハードボードジョイント:5カ所
目:グラスアイ
スタッフィング:綿

日時:2013/00/00(未定) 10:00~15:00
場所:新潟県長岡市 参加者にご連絡済み
参加費:¥3000
材料費:¥  材料はすでに発送済み

3名以上で開催
新潟県長岡市でのお教室は不定期に開催しています。
参加ご希望の方は、ご連絡をお知らせ頂きますとご案内をメールさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by seedingbee | 2012-12-30 00:00 | work shop
<< 生意気子グマちゃん 縫い代は多くても、少なくてもい... >>